2022年 新年のご挨拶

遅ればせながら新年のご挨拶となります

昨年は多くの方々のお世話になりました。
心より感謝申し上げます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年7月に大正、昭和、平成、令和と生き抜いた祖母が98歳で天寿を全う致しましたため喪中の挨拶とさせて頂きます。
戦中戦後の日本と共に生きた祖父母、先人たちの成し得たかった恒久平和の志しを受け継ぎ令和時代を共に創って参りましょう。

令和4年1月3日 三浦 健、洋子
 




幼いころから慣れ親しんだ日本の唄
”かごめかごめ”を令和哲学者NohJesu氏の解析がスゴ過ぎて鳥肌が宇宙の外までたちました

かごめかごめ

籠のなかの鳥は

いついつでやる

夜明けの晩に(壬虎の朝3~5時 2022年)

鶴と亀が統べった(一番高い世界”∞”と一番低い世界”0”がひとつになった)

後ろの正面だぁれ(前後、因果もない世界の外とは)


それは人類がずっと絶望しながら待ち望んできた

”FinalAnswer 0=∞=1 真理真実の自分との出会い” です

によって人間の本来もつ無限の可能性がやっと開く時代が始まる!



?Gg[???ubN}[N??