理想と現実のギャップの原因!?①

こんにちは♪ Kenです^^

20~30才までの私は

色んな職業を転職しながらキャリアアップしていました


しかし
責任者や管理者に抜擢されるといつも辞めたくなってしまう

というパターンがありました

本当は後輩や上司と
何でも言い合える
フラットな関係づくりをしたいと思っているのですが

いつもそれができずに
どうしても後輩に対し、上から目線で決めつけてしまったり

価値観が違う上司に対して反発心をあらわにしてしまい

後輩を責めてしまったり、上司と対立してしまったり

言わずとも分かってほしい、自分の思った通りに動いてほしい

その感情ががどうしても出てしまい

その結果、

後輩、もしくは上司から

やりにくい人物

と思われてしまいやすい状況が多かったのです




その状況になると

「自分の居場所はここではない」

「ここに自分がいても意味がない」

「いつ辞めようか」




そして
新しい仕事探しを始め

よし次こそは!



とやる気満々で新しい仕事に挑み、

認められて責任あるポジションに抜擢されるも


また関係性において上記の繰り返し・・・(*_*;


しかし着実にキャリアアップもしながら

29才のとき
やりがい、収入、オーナーの人間性などの観点から

理想の職場環境と巡り合うこともできたのです


それでも
過去のパターンと同様に

「自分の居場所はここではないんじゃないか」

「ここに自分がいても意味がないんじゃないか」

「いつ辞めようか」


の感情がでてきてしまうのです

一度違うと思ってしまった仕事に対し

我慢や諦めながら続けることはしたくない!

そんな気持ちが強いため

どうしても、同じパターンを繰り返してしまっていたのです




もちろん

当時の私はパターンを繰り返していることを自覚できていませんでした

自分に原因があるとは全く思っていませんでした

職場の環境や人に問題があると認識していましたので

その問題解決の方法は転職になっていたわけです

続く












̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj