【やりたいこと探しが終わらないワケ!?】

こんにちは!
Kenです

20~30代の頃の私は、転職を7~8回繰り返しながら

・何か自分にしかできないことがあるんじゃないか

・もっと楽しい仕事があるんじゃないか

・人に喜んでもらえる仕事って何だろう


そんな風に
ずっと自分のすべきこと、自分のやりたいことを探してました

その甲斐もあって、転職のたびに
どんどん理想の仕事環境に近づいていました

そんな30才の頃、いま思えば一番、理想の環境だったかもしれません

身体の癒しを提供するマッサージ技術、施術知識を習得し、
店舗の責任者になり、年下のよい仲間達にも恵まれ
オーナーご夫婦は、東京の一等地に住むお金持ちで
わたしの独立支援や結婚相手まで探してくれたり
実の両親以上に良くして頂いていたのです(涙)

が、しかし!?

私の転職前によく出るパターン
仕事に対しての物足りなさ、マンネリ感、職場での孤独感・・・


そして休日になると繰り返す

一人温泉と求人情報の収集の日々=やりたいこと探し

オーナーご夫婦に申し訳ない気持ちに苛まれながらも

結局、どうしようもなく退職願いを出してしまう自分・・・

「なぜ、いつもこうなってしまうんだろう??」

みなさんは、なぜだと思いますか?

実は、本当の欲求(ニーズ)が、全く違ってたのです

やりたいこと探しをしているのではなくて

・自分のことを心から分かってくれる人

・自分のことを100%認めてくれる人


探しをしていたことに気づいたんです!?苦笑

しかし、なんと!
やりたいこと探しの背景にあった無意識の欲求ニーズが分かったことで

やりたいこと探しから自由になり

更に、本当にやりたいこと=やるべきこととの出会い

かけがえのない仲間、パートナーと出会うことができちゃいました!


みなさんは
自分の無意識の欲求ニーズをきちんと自覚できていますか?





̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj