blog
学ぶろぐ

最新のお知らせ


2019年7月30日 : 人間関係で悩まない人のみえないパターン
こんにちは☆彡KENです^^

人間関係で悩んでないと思っている人の多くには

ある共通のパターンがあると思います。

昔の自分は意識してはなかったんですが

「私はこんな人と友達になる」

みたいな条件がめちゃありました。

だから
って思うこと自体が、あまりなかったんだなと思います。

何故なら、そう思う人とは積極的に関係づくりをしないし、

相手に合わせようともしないし、期待していない(どこか諦め感がある)

だから「悪い人間関係での悩み」を自覚も認識もしてなかったですね。

けど20年、30年と人生がどんどん進んでいくにつれ自分の悩みが変わってくるんですね

今では、真実と錯覚のアルゴリズムが分かり

心の奥深くにある真実の欲求やニーズがつながって

人間関係のイメージが180度ガラリと変わりました。

そして人生の楽しみ方も1000%アップしました♪

2019年7月30日 : AI時代に必要なコミュ力とは!?
こんにちは☆彡KENです^^

「相手に気を使ってしまうこと」

日本人なら無意識でしている人が多いと思います

私も例にもれず

両親がそのような人でしたので気を使ってしまうタイプです。^^;


しかし、実は

自分の良かれが相手の良かれではないことを

気づけずに気遣いをしていることが

とても多いことを知り、とても衝撃を受けた経験があります!

実際のエピソード事例は大事なのですが

ここでは省きますね?


家族全員がそれぞれの良かれで頑張っているのに

それが争いの種になっていたりすることがあるんだと

気づいたときは切なかったですね?

気遣いとは、相手に対して自分なりの配慮(良かれを察する)

からきていることと思いますが、

それが本当に相手が望んでいることなのか?

の確認を相手にしていないことが多いように思うんですね。

わたしはその確認をするようになってから、人間関係で疲れることが本当に無くなりました。

自分の良かれで気遣いしても、相手の反応によって責めたり否定してしまうこともあるかと思います。

それでは自分勝手で自己満足の気遣いになってしまいます。

世の中の問題の9割はコミュニケーション不足によるものと言われていますが、





コミュニケーションはいつも使うものですが、奥がとても深いのです☆彡

ぜひ、読者の皆さま

AI時代に必要なコミュ力をこれから深めていきましょう♪


2019年7月9日 : ティール組織のデメリット!?
こんにちは♪KENです^^

ティール組織のデメリットということで考えてみましたが、

デメリットに関して言えば、ティール組織をまだ人類は経験したことがないので

「主観的憶測や解釈でデメリットと思い込んでいる」と言えるのではないでしょうか。

ティール組織を正しく理解すれば、人類がこれまで生み出した

政治、経済、教育、医療福祉、文化においての問題課題を一掃できるものと思います。



現時点では、人類にとって多様なメリットはあっても、デメリットはないと思います。

ただしティール組織実現にとても難しい課題があるといえます。

ティール組織は、意識が進化した個人の集団だからです。

言いかえれば、人間の脳が進化しなければならないからです。

古代の原人も脳の進化を経験しホモサピエンスまで至っています。

キーワードとしては「新しい言語と脳の進化」が必要不可欠と思います。

nTechが誕生したことは人類の進化プロセスとして必然と感じています。

nTechのティール組織モデルが完成し、その環境を体験したとき初めて実感が伴う理解ができるようになると思います。
2019年7月9日 : ホモクラシー型組織とnTech
こんにちは♪ KENです^^

組織やチームなどで必ず起こる悩みや課題は

価値観の相違によるチーム内での派閥や分断
などではないでしょうか。

私もそれが面倒なので単独行動を好んでいました。

しかし一人だけの視点では、どうしてもクリエイティブに限界が生じます。

nTechを学び運転技術(関係構築やコミュニケーション)をマスターしていく中で

今までと全く違う視点から人を観察することができるようになりました。



そのおかげでホモクラシー型組織のように用途機能に合わせた最適なチーム構築を学ぶことができました。

各々の個性を活かし共通のビジョンに向かいプロジェクトチームをフェーズに合わせて組んだり、

進化させたり、解散させたりなど、大多数で共通の目的ビジョンに向かうなかで

個性を融合できる理想の協力関係は、脳機能の二元認識を補えるnTechの認識習慣
のおかげです。



2019年7月9日 : ティール組織とnTech
こんにちは♪ KENです^^

組織論を人類のマクロヒストリーから整理しているティール組織論の著書はとても面白かったです!



人類が集団レベルで進化し続けてきた背景には「自分と世界に対する観方=パラダイム」
の変化に伴っています。

ライフスタイルを便利にするモノ道具を進化させてきましたが、

残念ながら協力関係や組織集団の進化はまだ最適なものではないのは明らかです。

やはり著書の後半に記載がありましたが、
2元性を越えた一元性の意識、精神性をどうマスターしていくのか?が鍵と思います。

nTechは、脳機能では不可能な一元性をイメージ言語で理解納得してから日常の認識習慣まで可能です。

そしてティール組織に欠かせないコミュニケーションスキルも段階的にマスターできるのでとても便利です。

日本企業からティール組織モデルが確実に誕生すると思います。



2019年7月2日 : アドラーを越える最先端の心理学とは?
こんにちは♪ KENです^^

現代人の多くは「仕事したくない行きたくない病」といえると思います。

小学生のなりたい職業ランキング3位がyoutuberなのですから、

「今までの働き方では人の心が満足しない」ことの象徴といえるのではないでしょうか。



過去のトラウマ体験から現在の行動、感情の原因を整理して課題解決しようとする

ユングやフロイトのような古典心理学
や、

近年よく取り上げられる理想や目標ビジョンなどの未来から

現在の行動、思考を統制して課題解決をしようとするアドラー心理学
など色々ありますが、


nTechは脳科学、量子力学、最先端理論物理学とも整合性がとれる

全く新しい教育(認識工学)
と言えますので、今までの心理学では解決できなかった部分も

全て補えてシンプル、スッキリに整理されます。


人類が、今まで愛、自由、尊厳、創造力、協力関係が不足、不満足になるのは、

自然認識のみに依存している認識疾患という病気として診断できることも納得できます。

これからのAI時代は、nTechで人工認識をマスターすることによって、

認識疾患を完治したAIを越える人間モデルに誰もがなり

そして

今までの人類の悩み・課題がすべて解決できることに希望を感じています♪


2019年7月2日 : 職場や学校での人間関係の悩みを解決するには?
こんにちは♪ KENです^^

以前の私なら「職場や学校を辞めれば良い!」と思っていました。

もちろん、辞めること=環境を変えることも1つの手段です。

しかし、それは対処療法ともいえるのです

私もその手段を気づかずに沢山使ってきました。

転職は、業種技術のキャリアアップのつもりだったのですが、

いま思えば全ての転職が「人間関係の不満足」によるものだったと解析ができます。

しかし、その当時は全く気づけませんでした(苦笑)

私はnTechをマスターしてから、自分が人間関係で悩んでいたことを自覚できたタイプです。

なぜなら、無意識で人間関係に期待しすぎないように諦めていたからです。

幼少期から両親との関係性に寂しさを感じていても表現できず、

そのような気持ちの対処をせざる得なかったのだとnTechのセッションで発見できました。

そこから客観的に無意識の感情を観察コントロールできるようになり、

それまでしたことないようなコミュニケーションスキルも習得
できました。

環境に抗うことができないと思っていましたがnTechをマスターしていくと

誰もが環境を変えられるようになるのでストレスフリーで毎日が楽になります♪



2019年7月2日 : 嫌いな人とを克服するために必要なこと
こんにちは♪ KENです^^

嫌いな人を克服するために、学生時代の自分は完全に無視していました。

しかし社会人になるとそうもいきません?

けど、やはり解決策などはなく、我慢したり、ムリに合わせたり、

衝突したりとストレスの元になっていました。

親しい人たちに、お酒の席で嫌いな人のグチを言ったり、

バカにしたりしていました

いま思えば、自分は悪くないと正当化していたんだと思います。

nTechを学んでからは「嫌いな人=自分が苦手と思ってしまう条件(アルゴリズム)」

が分かり、人を嫌いと思う事は無くなりました。

小さいころから嫌い(苦手)だった父親の背景に共感ができて

父親の涙を理解でき尊敬できるようになり、そこから大きく人生も変わりました!


2019年7月2日 : TEAL組織が日本で誕生する理由
こんにちは♪ KENです^^

ティール組織モデルは、日本企業から生まれると私は確信しています。

何故なら、ティール組織に必要な重要な鍵である

「全体性を持った個人(一元性)」の要素は、日本の精神性と通じるものがあります。

今からは、nTechによって二元性は人間の脳機能の特性(宇宙の仕組み)であることを誰もが明確に分かり

尚且つ、心が一元性そのもので生きることもできるので

誰もが、いつもいつも感動が溢れる生き方ができるようになります?

そして日々のティール組織モデルづくりにもとてもワクワクしてます♪
2019年7月2日 : 職場のストレスの根本原因とは?
こんにちは♪ KENです^^

わたしは職場の人間関係のストレスは、感じていないと思っていました。

その背景には、上から目線でジャッジしたり、嫌だと思ったらすぐに関係性を切っていたからでした。

理想は、どんな人ともフラットな関係性を創りたい気持ちはあるのですが、

どうしてもジャッジしてしまったり、自分が絶対正しいと決めつけてしまったり、

意志ではコントロール不可能でした 諦めるか妥協するしかなかったのです。

しかし今では、思考感情のコントロールができるようになり

職場の人間関係のストレスが全くなくなりました!!

これからの時代は

誰もがフラットな関係性構築ができるようになり

毎日をワクワク楽しく過ごせるようになりますよ♪