blog
学ぶろぐ 無料スタディ

最新のお知らせ


2017年3月19日 : 【人生は選択の連続】

選択と聞いた時、どんなイメージがありますか?

自分でしっかり考え、意識的に選択している自覚があると思う方がほとんかと思います

しかし実は

人の多く
無意識的に選択をしていることの割合が
ほとんどだそうです

『無意識な選択』を違う表現にすれば

『過去の経験を材料に、
条件反射的に選択し、
現在や未来を創っていること』

過去の体験・経験で作ってきた
自分の無意識パターン
(myルール=判断基準)です

選択→行動→結果→現在→未来
なので、

『今ここの選択』が
現在の自分=結果、
そして未来の自分へと繋がっていきますよね

現代人は、
あふれる情報の中で
選択をしなければなりません

過去の材料(無意識myルール)から
ではなく

可能性あふれる理想の自分像から
『今ここの選択』を楽しみたいですね



2017年3月18日 : 【つい、一人で頑張ってしまってませんか?】

小さい頃に人に迷惑をかけてはいけませんと育てられ、

その結果

なるべく人に迷惑をかけない=人に頼らないよう

つい、一人で頑張ってしまっていませんか?

私も人に頼まれたことは
なるべく応えよう!

そして、
出来る限り

ついつい自分一人で頑張ろうと
思ってしまうことがよくあります

しかし、
自分が迷惑と思ったことが、
本当に相手が迷惑と
感じているのでしょうか?


実は、
頼りにしてもらえないことを
相手が寂しく感じたり、

もしかしたら、
距離感を感じさせてしまったり
しているかもしれません

以前、国際交流の講座で
先生からこんな言葉がありました

『あなたは生まれた時は、赤ちゃんですから
一人では何も出来ません
おっぱいも一人では飲めない

寝てばかりで動く事も出来ない

オムツも替えられなかったのです』

人間は誰もが一人で
生きてきたわけはないですよね

人間は一人では不完全であり、
関係性でお互い補い合うことでき、
完全になれる存在とも言えます

誰かに頼ったり、
頼られたりして生きること

それが
自然なことなのかもしれません

自分が困ったり悩んだ時、
気軽に助けを求めたり、相談ができる

自分の周りに
そんな関係性を創っていきたいですね




2017年3月17日 : 【えっ!人間の考えって1日にそんなに出るの?!】

脳神経科学によると、人は1日に5万回位、考えてるというデータがあるそうです

なんと
約1.5秒に1回の割合です

更にその考えのほとんどが

同じことを
考えているとか

多くは不安や不満、
してしまったことの後悔など

それが酷くなると
不眠症、鬱などにもなるそうです

そう考えると、
今の時代は考えを出ないようにするか?に役立つものに

人のニーズが集まってるのも
理解できますね

例えば、
ゲーム、お酒、お笑い、
カラオケ、スポーツ(観戦含め)
ダンスなどなど、、、

適量を越えてハマってる人が
多い気がしませんか?


自分の考えに
四苦八苦してしまう

その人間共通ともいえる課題を
スッキリ根本解決できることが
これから求められるニーズではないでしょうか

自らの考えに重くならず
自分の可能性を最大限に活かしながら

考えを便利な道具に使って
いつもスッキリ軽やかに
生きたいものですね






2017年3月12日 : 【変化を感じるセンス=幸福指数】

日々、いろんな事が起こりますが同じ日は2度とありません

つい、昨日と同じと思うときもあるかもしれませんが

自分の身体の細胞一個一個
今この瞬間、瞬間、変化をしています

地球も自転公転してるし
太陽系も銀河系も宇宙空間を動きまわっています

本来、固定してるもの
変化をしてないものは
森羅万象の中でひとつもないのです

5感覚を研ぎ澄ませて
その範囲を広げて
今、ここの些細な変化を感じてみることで

過去の材料から
今ここ=未来を
創ろうとするのではなく

今ここ
理想の自分像から
考え・感情・言葉・行動・関係づくり

をしてみることで
マンネリ感や不平不満も
減少していきます

昔、日本の侍たちが生死をかけた
真剣勝負によって体得した
生死を越えた感覚=5感覚を越えた認識センス

そんな
日本人の感性は
昔から地震、台風など
自然災害を
多く経験してきた民族だからこそ
紡がれてきたものとも言われています

戦後70年が過ぎました

西洋の価値観によって
私たち日本人が失ってきた感性を
取り戻していきたいですね



2017年3月11日 : 【変化にも最善のタイミングがある!?】

そっ啄同時(そったくどうじ)という「禅」の言葉があります

「そつ」はヒナが内側からたまごのからをつつくこと

「たく」は親鳥が外側からからをつつくことを言います


ヒナは自分のくちばしで、卵の殻をつつき
外に出ようとします

少しずつ時間をかけて
自分で内側から殻を割っていきます

親鳥はヒナのペースに合わせて
それを応援する意味で
卵の外から殻をつつきます

ひなが、まだ内側から割ろうとしていないのに
親鳥が先に殻を割ってしまうとヒナは死んでしまうのです

つまり
ひなの意志と
親鳥のフォロー意志の
タイミングが一致しないと生まれることができないのです

人間でも同じことがいえるのではないでしょうか?

自分のタイミング
相手のタイミング
時代のタイミング
をしっかり観察すること

そして
変化意志を育ててあげることが何より大切かも知れません



2017年3月11日 : 【「分かりあう」と「認め合う」の違い】

自分と相手の意見が違うとき
お互いに相手に対して分かってほしい!
と思ってしまいます

そんな時の貴方は
つい勝負モードになっていませんか?

お互いが、勝ち負けにこだわっていては
建設的なコミュニケーションは難しいものです

負けず嫌いは、実は性格などではなく

人間の脳機能の原因ともいえるのです


脳の機能は
『多様にある共通点』より
『部分的な違い』のほうを
より認識しやすい特徴があります

従って

『自分が絶対正しい!』
は、誰もが起こりえるため

『分かり合うこと』は

脳機能のクセを越えない限り、不可能といえるのです


その背景を理解し

お互いが
自我(ego=脳が思い込んでる自分)から出れば

『お互いの違いを認め合うこと』
が自然にできるようになります


『出会い』とは『出て会う』と書きます

いつも自我(ego=脳が思い込んでる自分)から出て
人と出会うことができれば

受け入れる器=愛
が広がった
貴方の周りには、
きっと人が沢山、溢れているかもしれません♪


2017年3月10日 : 【貴方の個性や可能性を引き出す秘訣】

ひとりひとりの個性を活かすことが大事!
とは、よく言われてます。

では、『個性』とは何でしょう?

日本人の傾向として、周りに合わせるのが良くて
空気が読めない(KY)と嫌われたり
けむたがられる傾向があります。

ですが、
相手や場に合わせ過ぎ自分の意見が言えずに
ガマンして疲れたり、分かって欲しい大切な人にも
自分の本心を理解してもらえなったりもします

では、どうしたらいいのでしょう?

コミュニケーションが上手な人には、
このような特徴があります

『相手の意見を尊重でき、受容しつつも
自分の考え・意見は周りの反応を気にせず言える』


この時にとても大事なことは
『自分の意見に固執しないこと』
といえます。


実は『個性』とは単独で成り立つものでなく、
全てとの関係性や繋がりの中で成り立つものなのです

他人と比較して悩む人生ではなく、
誰もが自分や相手の個性や可能性を活かして
生きていくのが当たり前になる
そんな社会を創りたいですね


2017年3月9日 : 【日本人がよくやってしまう自己完結パターン】

こんにちは、Yokoです

先日、ある出来事があり自分の思い込みの怖さを知りました


私がある思い込みをして、悪気なく行動した結果、
相手の方が迷惑と感じてしまうことがありました

ですが、
今回はその方が直接、私に教えて下さり気づく事ができて
結果的に二人の関係性が深まりました

みなさんはどうですか?
自分の思い込みで完結し、確認もせずに行動することはありませんか?

逆に自分が
気分を悪く感じた時に、相手に自分の気持ちや心情を
共有したりしていますか?

人間は自分が『当たり前』と思ってる事に対してなかなか
疑問視できないものです。

それぞれの価値観や判断基準は、違うのは当然なので
相手にとっては、知らずに問題となっていたり、
イヤな思いをさせてしまったりすることは意外に多いのです。


つい自分の『思い込み』で良かれと思って頑張ったのに
実は、
相手はその行為を必要としていなかったということもあります。

人間なら誰もが、してしまうことですが、

どちらが正しい、

どちらが間違い

ではなく、アクションする前に相手に確認をする

その習慣があるだけで
お互いに誤解や不満の蓄積がとても減少します

ぜひ
意識してみてくださいね♪








2017年3月8日 : 【重力と人間関係の秘密】
 

みなさんは『力』と聞くと、どのようなイメージがありますか? 

筋力・腕力・体力・・

魅力・影響力・感動力・安心力・営業力・人間力など・・・

力がつく単語は、驚くほど沢山あります

力を身に付ける為のハウツー本もたくさん出ています

力を持つことで人生の役に立ちそうにも感じますね

例えば、恋愛力

この人素敵だなぁと思っているだけでは相手は自分のことを
知らない一方通行の状態です

次は声をかけてみる

一歩、前進したかもですが

声をかけただけでは、まだ知ってもらった段階

より深い関係性を創るには

相手から持続的に信頼や認定してもらう必要があります

もし
そんな関係性をたくさんの人と構築できるなら

あなたは魅力ある人といえるかも知れません

「力」を物理学では、このように定義しています

「力とは、存在Aと存在Bの関係性・秩序を成り立たせているもの」

まるで
チームプレーをしている力ともいえそうですね

その中でも
重力は、宇宙空間すべての範囲に影響を与えている力
と言われています

宇宙空間の中にある物質・植物・動物・人の体・人の心

すべてに共通する仕組みは

「どのようにして関係性・秩序を上手につくれるのか=チームプレー力」

これが

人間関係力のキーワードと言えそうです


2017年2月20日 : HPオープンのお知らせ


平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、Webサイトを開設いたしました。

より一層の内容充実に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。